2009.04.06 Monday

はじめまして(地球温暖化と快適な建築空間)

0
    昭和62年に湯布高原の別荘地(標高700m)に某会社の保養所の設計・監理を行いました、それから約20年後の一昨年(平成19年)同じ別荘地内に個人の別荘を設計することになりました。
    久しぶりに別荘地を訪れて、明らかに何かが違うと敷地に立って感じました。
    ロケーションや雰囲気は20年前とさほど変わっていないのですが、何かが違うのです!
    …それは気温の上昇と気候の急激な変化だったのです…
    当時は、避暑地として人気があり真夏でも25℃以上にならないことが売りの別荘地だったのですが、一昨年は30℃以上の日が何日も続いたそうです。
    そして、工事監理が始まり昨年の夏たびたび現場に出かけましたが、平地よりは涼しいと感じるのですが、やはりその夏も30℃以上の日が連続しました。
    これは極端ですが、単純に20年で5℃気温が上昇したことになります、明らかに地球温暖化の影響だということを改めてこの肌で感じました。
    地球の温暖化は、人間が便利で機械的な生活に慣れてしまったことも原因の一端だと思っています。
    今回の別荘の設計・監理を通して、今出来る快適な建築空間の創造とは何かを以前より考えるきっかけとなりました。

    既存の木々には一切手をつけていません
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM